テーマ:音楽教育

日本の歌あれこれ① みがかずば

明治8年(1875年)に開校した東京女子師範学校、現在のお茶の水女子大の校歌です。 楽譜の出典 日本の唱歌(上)明治編 講談社文庫 全体が雅楽の荘重な拍節で動き、旋律は陰旋法(都節ともいう)。 「学び」の び の音が半音上がり、この部分だけ転旋がみられる。 その後旋律が作りかえられ現在にいたっているらしい、楽譜が見つかりし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学1年生の授業

葛飾区立の小学校で1年生に音楽の授業をしました。「NPO法人子ども文化学会」の企画で毎年行われている公開授業です。ほかの学級ではドジョウすくい、手品、おりがみ、フラメンコ、ストリートオルガンなど多彩な授業がそれぞれの分野のプロたちによって行われます。この日は保護者の見学も自由なので学校中が大変混みあっていました。 私の授業には高校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私はピアノ

港区立御田小学校と旧南海小学校の130周年記念行事にはるばる栃木県日光市の川治温泉からやってきました。 昭和16年に生まれ、聖坂小学校から南海小へ持ってこられて私ですが、19年8月南海小(当時国民学校)が川治へ集団疎開した際に子供たちについていきました。その後お世話になった川治の学校に寄贈されたのです。 戦後…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

疎開ピアノの里帰り

ここは港区立御田小学校の講堂のステージ。日光市川治温泉から150キロの旅をして里帰りをしたピアノに調律師のIさんが「ご苦労様」の調整をする。11月6日には旧南海小学校と御田小学校の合併10周年、両校の創立130年記念式が行われ、その祝賀会場で披露されることになった。 南海小学校の卒業生たちが感慨深げにピアノ正面につけられた板を…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

朝霞市音楽協会 第29回「歌の集い」

朝霞市音楽協会の第29回「歌の集い」は、夏休み特集として小さいお子さん対象の歌や演奏を主体にした会でしたが、成功裏に終わりました。いつもは年配のお客様が多いこの会ですが、今回は幼稚園や保育園、児童館などでポスターを見たり、図書館前、公園などでのチラシ配りが奏を効して、親子連れが目立ち、にぎやかな子供の歌声が飛び交いました。 …
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

ジジ馬鹿日記 き の発声練習

今日は子守の日 き(オントシ3ヶ月) への子守唄はカルメンのハバネラでした。直前まで点訳で楽譜を睨んでいるとつい口に出てしまうのです。するといつの間にか き が歌いだしたではありませんか。この子は天才かな?それともカルメンのような・・・・いやいやそこまでは・・・・、思わずして顔がほころぶ かおたいまき です。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ピアノの里帰り?

川治温泉で復活したピアノに里帰りの話が。 戦時中に川治温泉に集団疎開をしたおり、ピアノを寄贈した南海小学校(当時国民学校)は平成12年に御田小学校に併合されました。その併合10周年の行事がこの秋に行われ、その場所にこのピアノを招待したいという申し入れがあったそうです。 現在の御田小学校 その後の聞き…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

第27回 歌の集い

朝霞市音楽協会の第27回「歌の集い」の様子です。 第一部の指導者が都合でお休み。おたいまが第二部と掛持ちをしました。そのためこの部分の写真はお手伝いに来てくれた まどさんのブログでご覧下さい。こちらです。  http://37130474.at.webry.info/   まどさんは「浜千鳥」を独唱してくださいました。 …
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

地域活動支援センターで芸大生に会う

今日と明日の二日間朝霞の地域活動支援センターで音楽指導をする。隣の老人デイサービスの部屋に芸大のピアノ科の学生が実習に来ていたので主任の許可を得てこちらの手伝いをしてもらった。 前半は「手のひらを太陽に」の歌唱とリズム活動。さすがに伴奏をさっとやってのける。メロディーを右手で弾き、左手で即興的に伴奏をつける。これは教員試験で必…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

都立保谷高校音楽部合唱団 大同窓会

9月20日の午後、西東京市(田無)市民会館でおかしな同窓会が行われた。 都立保谷高校の合唱団のOB・OGたちが懐かしい舞台でもっと歌いたい!一念で集まったのだ。 プログラムと曲集を兼ねたパンフレットも用意されて。校歌に始まって校歌に終る2時間半の交流演奏会である。 新設2年目のこの学校にかおたいまが在職した10年間、第2期…
トラックバック:0
コメント:49

続きを読むread more

音楽の出前 6月12日

今日の出前は朝霞市総合福祉センターの地域活動センター。朝霞市音楽協会のソプラノ歌手田中さんも同行して最後に歌ってくださった。 梅雨の季節にちなんでプログラムは 1.「カタツムリ」を歌おう。 2.トーンチャイムで「カタツムリ」をならそう。 3.「なんじゃこりゃの歌」を歌おう。 4.音楽物語「あめ」 5.歌を聴こう「…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

歌百景 「荒野の果てに」

「みんな集合!音楽で一日楽しく遊ぼう」のステージで私達が演奏した曲です。実際の録音はまだ手元にありませんので、コンピュターが演奏しているのを載せます。音色も実際のトーンチャイムよりも少し明るくなっています。録音が手に入り次第差し替えます。 「荒野(あらの)の果てに」賛美歌より  編曲 かおたいま 荒野の果てに 夕日は落ちて …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

新しいお宝と ♪ずいずいずっころばし♪

都立保谷高校の合唱団のOB・OGの会があった。私が教えた2期生から11期生までの中で2期~8期までの卒業生が約40名あまり恵比寿のメキシコ料理店に集まった。30年ぶりの再会とあって、受付開始から歓喜の声が渦巻き大騒ぎ。後半の大合唱はまさにその積み重なったエネルギーのだった…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

バッハとオルガンと三味線と

高等学校音楽教育研究会の全国大会が宮城県大崎市のバッハホールで開かれた。高校の音楽教師で組織される研究会は毎年この時期に各県の持ち回りで全国大会を持つ。最近では地方の思いがけない場所にすばらしいホールが作られ世界的な音楽家が演奏するので、そのホールを一目見ようと集まる音楽ファンも少なくない。先生方も同じ気持ちだったろう。 東京…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ボヘミアン・ラプソディ

都立保谷高校音楽部合唱団第6回定期演奏会 1982.3.26から OBとOGのステージ「ボヘミアン・ラプソディ」。編曲Gato君 保谷高校近景 ただいま文化祭準備中三年生は全クラスが演劇とか・・・伝統は生きていた。 保谷駅への道ゴルフネットの脇 あの初代のピアノは物理室で余生をおくっている 西武…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

保谷高校生の作品 14 想い出通り

1980年3月27日 第3回定期演奏会から。   想い出通り あなたと歩いた道をまた振り返る そこにはやさしい思い出が 雨上がりの道 あの時とおなじ もう一つの世界が あざやかによみがえる 二人で歩いた並木道を抜けると そこにはあなたの面影が はるかにつづく黄金色の中 もう一度あの人と あの人と見て…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

たいちゃんからの暑中見舞い

2番目の孫「たい」からもらった暑中見舞いの葉書です。 立秋を過ぎましたがまだまだ暑いのでご覧下さい。 たいは先日電話の向こうで童謡を歌ってくれました。「海は広いな・・」をしっかり覚えていました。 かおたいま は和光市の高齢者福祉センターでリトルスターズのお婆チャマ達に「うみ」を指導してきましたので、たい へのお返しにア…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

保谷高校生の作品 13 まわれまわれ

都立保谷高校の生徒が1970年代後半から80年代にかけて作詞作曲した作品を同校合唱部の演奏で公開しています。 第1回演奏会の録音から「まわれまわれ」 「まわれまわれ」の言葉のくりかえしが軽やかに繰り返されるロンドです。         光さしこむあの森へ 行ってみたいな 手を広げ 木漏れ日浴びて 空を仰ぎ 遠い世…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

暑さ対策にはダジャレが一番

中央公民館での「歌の集い」。あんまり暑いのでお客さんは少ないだろうと、歌集を少なめに用意したが、意外なことに大入りになってしまった。感謝の気持ちをこめて歌の間に寒~い駄洒落を披露した。 その① いつも指揮や伴奏で活躍のO氏が今日は海外に旅行中。「Oさんが先週旅立たれました。」と言ったら場内騒然!・・・・「行き先はマレーシアだそ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

保谷高校生の作品 12 「日記の中のビートルズ」

保谷高校音楽部合唱団第1回演奏会より    日記の中のビートルズ  音楽室の片隅で   君と歌ったビートルズ  学校帰りの思い思い出も   流れるようなあのメロディ  あれから月日はたったのに   今でも聴こえるビートルズ  どんな曲でも僕たちの   心はあの日にもどるのさ  菜の花が咲く春の日も  …
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

保谷高校生の作品 11 Just as Monologue only

Just as Monologue only この曲の作曲は「幸せであるように」とおなじグループ。だがまったく作風が違うのはおそらく意図したものであろう。合唱は楽器の一部のように扱われピアノ、2本のフルート、2本のギター、ベース・ギター、サックス、ドラムスと語りが織り成すプログレッシヴ ジャズのような世界。アレンジはベート…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

NHKホール35周年に思う

NHKホールが作られて35年の記念番組を見た。昭和48年6月20日に落成して、ラインベルガーのオルガンリサイタルでこけら落としをしたとある同年9月にイタリアオペラの公演が行われた。。(NHKホールのあゆみ、NHK:より)それ以前は大掛かりな公演は先にオープンした日生劇場や東京文化会館で行われたので、NHKとしては世界的な演奏家を迎えるコ…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

保谷高校生の作品 10 「君よはばたけ」

卒業式でも歌われた曲です。若者を送り出すのにふさわしい曲。第2回定期演奏会のレコードから。その後の作品に比べるととてもシンプルに聴こえませんか? 「君よはばたけ」 いま新しい朝  雲の切れ間から もれる光浴び 君は目覚める 張りつめた空気の中で  しなやかな手足を伸ばし 翔けてゆこうどこまでも 遠い夢を求めて …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

保谷高校生の作品 9 「失われた時間」

第2回定期演奏会から「失われた時間」 グリムの童話と現実の気持ちをかさねて作られた、楽しい曲です。お母さん山羊のソロも入ります。 失われた時間 昔々お母さん山羊は 七匹の子山羊に言いました 「怖ろしい狼が来る、ドアはきちんと閉めておきなさい・・・」 あなたに来てほしいけど ドアを開けておくのは なんだ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

歌百景 Sing Along 保谷高校の先生コーラス

保谷高校音楽部合唱団第5回定期演奏会から 特別出演の先生コーラス 曲目は[Sing Along(?)」 約12名の男声合唱 かおたいま は 練習不足でほとんどくちパクでした。大学時代からコーラスをやっていたベテランがたくさんいました。職場コーラスとして市の音楽祭にも出場しています。 なお、この歌の作詞作曲についてご…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

歌百景  保谷高校校歌

第4回演奏会のオープニングの校歌演奏を公開します。 (冒頭の音がこもっていいますが、幕の閉まった状態で歌いだしたからです。) 校章は万葉の時代から武蔵野の花として読まれている紫草をかたどったものです。 『古今和歌集』には    紫のひともと故に武蔵野の 草はみながらあはれとぞ見る と歌われ…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

保谷高校生の作品 8 Day Dream

1980年3月28日三鷹公会堂での第三回保谷高校音楽部合唱団の演奏会より、作詞作曲編曲は保谷高校生徒 補修かおたいま Day Dream 洗い立ての 木綿のスカーフと しまい忘れた童話の絵本 お気に入りの麦藁帽子と それに両手いっぱいのカスミソウ きれいな風の吹く日に ちょっと冒険がしてみたくなったら …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

保谷高校生の作品 7 「風をみつめて」

風をみつめて 秋の野原は やさしい風と すずやかな空気につつまれて はぎや すすきに おしろい花も 誰もいない 野原でうたう いつかやさしい風は 北風になり 君たちを またくる秋へと送るのさ 風のにおいはいつか冬で 君たちの姿も いつか見えない 春の日ざしの きらめきのように やさしい気持…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

歌百景 「どんぐりころころ」

どんぐりころころ  作詞 青木存義 作曲 梁田貞      演奏 都立保谷高校音楽部合唱団 指揮 SK(生徒)     多摩地区連合音楽会での録音 どんぐりころころ どんぶりこ お池にはまって さあ大変 どじょうが出て来て 今日は ぼっちゃん一緒に 遊びましょう   どんぐりころころ よろこんで …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

保谷高校生の作品 6 「五月」

1970年代から80年代にかけて都立保谷高校で生徒が作詞作曲をした作品を公開しています。 授業中の発表の録音です 音の劣化によるノイズはご容赦下さい。 「五月」 エメラルドの風が吹き渡る まぶしい五月の牧場で 裸足になって露草踏んで 走り回ってみようか 生まれてはじめて見た あの地平線の あかね色に染ま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more