テーマ:

ザルツブルグ音楽祭1969

妻紀子との最初で最後のヨーロッパ旅行。 デンマークからイタリア、オーストリア、スイス、チェコとまわる。 8月13日14日はザルツブルグ音楽祭のオペラを観る。 学友の加藤義也君がチケットを手配してくれた。13日はベートーヴェン「フィデリオ」。指揮はカール・ベーム、オーケストラはウィーン・フィルハーモニー。 ホテルから祝祭劇場までタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4度めの南相馬訪問

川越市の「高齢社会をよくする会」の主催する南相馬市へのツアーに参加しました。同会のメンバーとしては3度めですがこのほかに、長岡市山古志地区の方々とも一度行っているので合計4回目になります。 6月14日(日)の朝8時30分にレンタカーで出発です。 開通間もない常磐自動車道を北上。北茨城市を過ぎると「放射能」という文字が見え始めます…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピアノを抱いたみちのく一人旅 10

気仙沼からBRTで志津川へ向かいます。もとの鉄道線路を取り外してバス専用の道路にしてあるので快調に走ります。駅舎も残っています。 線路が破壊された部分は一般道路を走ります。並行する線路や鉄橋が見えます。 途中で乗ってきたお嬢さん。地元の人かと思ったらさにあらず、金沢からボランティアで知り合いのお店を手伝いに来てい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピアノを抱いたみちのく一人旅 9

視線を落とすと気仙沼駅大船渡線の電車とBRT2線が発着しています。 夕べ食べたホタテの味噌煮 漁師の茶漬け 昨日サメの博物館で食べた帆立コロッケ 今日はこれから志津川町に行き家に帰ります。(つづく)
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ピアノを抱いたみちのく一人旅 8 奇跡の一本松

ピアノをホテルに預けてBRTで奇跡の一本松へ向かいました。おととい通り過ぎた場所なので見当は付きます。 バス停におりて国道沿いに10分ほど行き左に曲がると海岸へ向かう小道です。途中左に入ると展望台に通じます、多くの人はそちらへ行きますが、展望台の階段を避けて直接海岸へ向かって歩きます。やがて崩れ落ちたユースホステルの前に奇跡の一歩松が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ピアノを抱いたみちのく一人旅 5

8月21日15:11分 盛(さかり)駅からBRTに乗ります。津波で破壊された鉄道線路に沿ってあるいは線路を取り外した道路上を、また一般道路上をつなぎながらバスが走ります。 15:56   陸前高田に到着 駅前にプレハブのあります。そのそばに新しい市役所を建設中、海岸の旧市街までは徒歩で30分とか。今日はあきらめます。市役所に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピアノを抱いたみちのく一人旅 4

> 三陸鉄道南リアス線に乗りました。 団体さんが乗っていました。故郷の訛りなつかし、父の生まれ故郷の近く青森県黒石市からの人たちです。すぐに話が弾みます。車内販売のコーヒーとおせんべいも地元ならでは。 発車間もなく釜石の製鉄所の景色が見送ります。 「小石が浜」変わって「恋しが浜」に到着ここで5分間停車。ぞろぞろとホ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピアノを抱いたみちのく一人旅 その3

黒崎灯台近くの民宿に泊まりました。雨がひどくて観光はできません。楽しみは食事。 夕飯。もちろんお酒を注文します。海の幸いっぱい。 翌朝も霧雨。付近を散歩します。 道路にこんなものが 朝のバスには保育園の園児が乗っていておじいさんが一人付き添いますがなかなか元気がよくて手を焼いていました。 宮古へ戻りまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノを抱いたみちのく一人旅

宮古から普代駅に向かいます。向かいに座ったご夫婦は埼玉の人で、震災後の北リアス線に乗ってみたかったと言い4つ目の駅で降りていきました。 そのまま乗っていき「田老」の駅で停車時間を利用してホームから撮影。むかしバスで来たところです。 港の方角を見ると津波で流された跡がよくわかります。ここでも多くの人が犠牲になられたでしょう。合掌。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピアノを抱iたみちのく一人旅 1

2014年8月20日早朝に我が家を出発して10時前に盛岡に到着。朝食もしていないので空腹ですがレストランが開いていません。立ち食いそばやさんに行ったら冷麺がありました。380円です。 駅内のお土産屋さんを冷かして歩くとおかしなものに出合います。もちろん売り物ではありません。 観光案内などを見て歩いているとまた小腹がすいて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奇跡の夕陽

<出雲崎の夕陽です。あきらめかけながらも見続けていたら雲がきれて。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

良寛さん

強力な台風が近づいているというので緊張しましたがこちらには影響がありませんでした。 しかしながら沖縄・九州・長野・山形…と大きな爪跡を残しました。被災地の皆様にお見舞い申し上げます。 目が覚めるとなぜか!?本棚の「良寛」(立松和平著 学研)下巻に目がとまりました。開いてみると途中のページに栞が挟んであります。一度は読み終わってい…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

和歌山探訪 2

万葉集以外にも紀州は徳川家の拠点。そしてミカンや桃などの果物の産地。関東の人間には珍しいものばかりです。 市内の名所といえばまずは和歌山城。昼食をとりながらゆっくり眺めました。 話が前後しましたが、この後M氏の車で和歌の浦、新和歌の浦、万葉亭などを回って次は。 番所(ばんどこ)庭園。黒船を見張って大砲もあった場所。いわゆる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和歌山探訪

大学時代の同級同門下生3人が和歌山に集まりました。在住のM氏の案内で一日目は和歌山市内を巡りました。和歌の浦でのんびりと海を見渡します。 めったのないというお天気、潮も引いていて鶴も遊びに来ています。 不老橋、お互いの不老長寿を願ってわたりました。 万葉館から新和歌の浦を見る。 向うに霞んでいるのは淡路島、わかり…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

葛西臨海公園へ

地下鉄の一日乗車券で遊びに出かけました。海を見たいのと水仙の花の香を求めて、というわけです。 和光市から東京メトロ有楽町線で終点新木場まで、JR京葉線に乗り換えて2つめの駅で降りると目の前に広がるのが葛西臨海公園です。 この公園で目立つのは日本一と言われる大観覧車ですが、一人で乗っても寂しいだけ 海の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

旅のアルバムから  晩秋の那須高原

古い写真ですが、ブログには載せていないものを拾ってみました。 2007年11月那須高原にて 雪深し友を集めて酒を飲む心の中には春が来てる 黒磯駅前 手打ち蕎麦 冨陽 にて
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Guten Tag !

鎌倉駅から長谷寺へむかって歩きます。 六地蔵 鎌倉彫のお店で目の保養をしたりこんな看板を見たりしているとそろそろお昼どきです。残念ながらここは店じまいしたようです。 近くのお店に入りました。シラス丼とお蕎麦のセットです。 長谷寺は外国人観光客の団体でいっぱい。みんなちょっと覗いただけで足早に去ります。私は阿弥陀堂に入…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

夏の旅日記 7 福島で思ったこと

東北を旅するときには必ず地方新聞に目を通す。 埼玉ではもう忘れ去られようとしている地震と津波と原発事故の忌まわしい影と戦う市民の現実が如実に見えてくる。 生活も教育も産業も何もかも破壊されたまま、復興の一歩踏み出したところに過ぎない。 確かに原発での水漏れとかいう深刻な事態は報道されているが、人々の日常生活に関わる問題は知…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

夏の旅日記 6 南相馬市農家民宿一番星 

福島からバスで約2時間、原ノ町駅前に一番星さんの車が迎えに来てくれています。郡山からの新幹線代をケチったので予定より1時間遅れてしまいました。 5月に川越の人たちと来てから2度目、今度は一人です。 翌朝の散歩道は秋の植物に見とれました。 ハマナスの実 ハマナスの花 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夏の旅日記 磐越西線で野口英世博士に会いに

♪会津磐梯山は宝の山よ♪ みちのくのお父ちゃんの車で会津田島まで送っていただきました。ここも鰊の山椒漬けや小づゆなど美味しいものがあるのですが、時間がないのでパスして電車に乗ります。 ローカル線ならではのいろいろな電車。 西会津で磐越西線に乗り換えます。向かいのホームにとまっている電車になにやら書いてあります。野口英世…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏の旅日記 4 南会津の民宿

川治温泉から会津へ向かう野岩(やがん)鉄道は昭和30年代の末に完成した路線です。工期はは30年間にもおよびトンネルと橋が続く困難な工事でした。 江戸時代から会津と日光は政治経済の面で強くつながっていたので、この計画は住民たちの悲願だったのです。 「会津高原尾瀬口」駅 首都圏と尾瀬がずっと近くなりました。 ここから檜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の旅日記 3 日光はがんばっています

大震災以来、観光の地日光は風評被害で一時元気がなくなりました。しかし福島県からの避難民を受け入れ支援しながらも自らの立ち直りに懸命の努力をしています。その様子をいくつか紹介します。 日光から福島の会津地方に向かう会津西街道は「蕎麦街道」とも呼ばれ、有名な蕎麦店が店を連ねます。 その出発点でもある「並木そば」。日光市今市地区の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一人旅に

猛暑の頃は咲かなかったノウゼンカズラが息を吹き返しました。つぼみもたくさんついています。 宇都宮高校の音楽部の現役OB交流会が久しぶりに開かれるというので出かけてみます。 そのあと鬼怒川・川治の故郷を通って、福島の会津地方と猪苗代湖で遊びます。 先日行った南相馬市の農家民宿「一番星」さんが終点です。 岩手まで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

千葉のローカル線に乗りに 2

下り電車も来ましたね。でも、やってきたのはまた途中の「養老渓谷」ゆき。 まあ、急ぐわけじゃないし。 養老渓谷駅には足湯があります。フリー切符を持っていれば利用できます。ここで温まってから渓谷まで下りててゆきます。 途中こんな景色が。がけの間から漏れている水がツララを作っています。 さらに下りていくと赤い橋に出ます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉のローカル線に乗りに 1

日曜日ローカル線に乗りに出かけました。 東京駅から特急に乗って内房線の五井駅に下車、乗り継ぎに50分あるので駅構内を探索に行くと、跨線橋にお店が出ています。お弁当、魚の煮つけなど。 電車はもうホームに止まっていて中では読書や編み物をしている女性、一番前の席にはおじいちゃんと孫がカメラを持って。 そこへ弁当を広げ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

富山市での歌の会

富山市内のけやき苑で歌の会に出演しました。主催したのはけやき苑の音楽を指導されるブログ仲間 ねぼけうさぎさん です。彼女の呼びかけで、長岡市の けっこちゃーん、京都市の タカシ さん、も集まってくれました。 盛りだくさんのプログラムですが、一部分だけ紹介します。 伴奏する曲がたくさんあって緊張します。 客席には…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

お蕎麦も食べちゃいました。

孫のかお と しん の童話表現活動の発表会に出かけました。東京から たい も見に来ています。 朝早く足利について鑁阿寺(ばんなじ)の紅葉を観賞。見事です。 隣の足利学校へ入ります。小学生の論語カルタ大会が行われていました。 私は漢字テストに挑戦。上級の最上位は6段、ここで満点を取ると博士号がもらえるとか。とりあえず…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お蕎麦は食べられなかったが

昼近くに蕎麦が食べたくなりました。歩いたことのない山里の蕎麦屋に出会いたいと、東上線の武蔵嵐山駅からバスに乗って都幾川村役場前に降りました。立派な庁舎ですが付近にはお店がありません。少し歩くと都幾川にかかる橋があって紅葉がきれいでした。 店があったので入ってみます。前記事の和光の店で見たような商品が並んでいます。銀杏とピー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

津軽旅行 9 弘前市内

ねぷた村にて 棟方志功氏のねぷた絵 最勝院の五重塔 桜の古木も花びらに埋もれて日本画の世界 津軽家菩提寺 長勝寺 長勝寺の五百羅漢 十一面観音 最勝院の近く  ランチを食べにやってきたのは父の遠い親戚だという「SAKI」という店。「佐々木のラグノー」という洋菓子で…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more