テーマ:音楽

私の職場

今年もいろいろな施設にお邪魔して「ヒロシの歌の会」をさせていただきました。 はじめての会場もありました。始まるときには少し緊張している感じのお客様も、終わるときにはすっかりお顔が変わって笑顔ががいっぱいになります。お顔を出せないのが残念です。慣れてくるとお一人ずつの好みも分かってくるので選曲にも参考になります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の歌あれこれ① みがかずば

明治8年(1875年)に開校した東京女子師範学校、現在のお茶の水女子大の校歌です。 楽譜の出典 日本の唱歌(上)明治編 講談社文庫 全体が雅楽の荘重な拍節で動き、旋律は陰旋法(都節ともいう)。 「学び」の び の音が半音上がり、この部分だけ転旋がみられる。 その後旋律が作りかえられ現在にいたっているらしい、楽譜が見つかりし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザルツブルグ音楽祭1969

妻紀子との最初で最後のヨーロッパ旅行。 デンマークからイタリア、オーストリア、スイス、チェコとまわる。 8月13日14日はザルツブルグ音楽祭のオペラを観る。 学友の加藤義也君がチケットを手配してくれた。13日はベートーヴェン「フィデリオ」。指揮はカール・ベーム、オーケストラはウィーン・フィルハーモニー。 ホテルから祝祭劇場までタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌の出前 to 熊谷

教え子のオグタン君からの要請で彼の働く熊谷市内のホームに歌の出前をしました。初めてなので少し不安がありましたが何とか楽しんでいただけたようでした。 集まった利用者の数はおよそ60名、ピアノを弾いたりお話をしたり、一人一人の発言にお答えしたり、忙しくも楽しい1時間でした。 女性の方が多いので童謡唱歌を中心に20曲のプログラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

良寛さん

強力な台風が近づいているというので緊張しましたがこちらには影響がありませんでした。 しかしながら沖縄・九州・長野・山形…と大きな爪跡を残しました。被災地の皆様にお見舞い申し上げます。 目が覚めるとなぜか!?本棚の「良寛」(立松和平著 学研)下巻に目がとまりました。開いてみると途中のページに栞が挟んであります。一度は読み終わってい…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

テスト

音声貼り付けテスト たなばたさま  演奏 リトルスターズ
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

南相馬市での歌の会

みなさん気分よくお目覚めのようです。 朝ごはんがまた豪華! 少ししてから歌の練習です。「花は咲く」を歌います。ピアノもあるんですよ。  車に乗って出かけます。宿のすぐそばに牧場を作っています。山古志からアルパカがやってくるとか。そのほかに商業施設や多目的ホールなどを含んだ「いちばん星会館」も建設予定。 こちらでは山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「麦打ち唄」について教えて下さい

このメロディは父が若い頃歌っていた曲ですが、歌詞や作者については詳しい資料がありません。 ♪   ちょいと姉さん どこへ行く・・・私は・・・水くみに ♪♪ 水を一杯 下さいな・・・・情けのほどは忘りゃせぬ・・・ のように覚えています。 http://www.geocities.jp/go…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

双葉町の人との「歌とお話の会」

福島県双葉町から埼玉県加須市の騎西高校に街ぐるみで避難した町民の皆さんは学校での生活に区切りをつけて、福島、埼玉など各地に分かれて生活を始めました。町役場はいわき市に移転。住民の分散や家族の離散は大きな問題になっています。 インターネットで加須市内の広域避難者支援サロン「ハーモニー」を見つけ連絡を取り、16日に行われた「歌とお話の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ももの会へ歌の出前

地元で高齢者のお食事会を開いている「ももの会」のアトラクションに招待されました。お客様も接待側も女性ばかりで、黒一点のMMK!! 準備した曲は ①「どこかで春が」 ②「早春賦」③「春よ来い」 ④「うれしいひな祭り」 ⑤「さくら」 ⑥「春の小川」⑦「花かげ」⑧「あわて床屋」⑨「朧(おぼろ)月夜」 ⑩「霞か雲か」⑪「仲よし小道」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽貼り付け実験 『うぐいす』

梅の小枝で ウグイスは 春が来たよと 歌います。 ホ、ホ、ホケキョ、ホー ホケキョ。 雪のお山をきのう出て 里へ来たよと 歌います。 ホ、ホ、ホケキョ、ホー ホケキョ。 我が庭の梅は満開です。雪で折れてしまった枝の先にも最後の花を咲かせています。ウグイスはまだ来ません。音楽で我慢。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

音楽貼り付け実験 『黒い瞳の』

楽譜作成ソフト→Itune→mp3変換→音声リスト→貼り付け 「黒い瞳の」 あさか歌の集い向けに、ピアノ伴奏として作曲したものを楽譜作成ソフトで音色をギターにして再生しました。 それらしい感じにはなりましたが、ギターの奏法に適するかどうかはまだわかりません。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

第48回 あさか歌の集い

大雪の影響がまだ残っていて歩道には残雪が積もっています。電車も途中までの折返し運転です。 私が自宅から歩いて会場前に来ると、ちょうど市内循環バスが到着。降りてきた女性が2人、お宅は離れているのですがバスを示し合わせてきたらしいです。常連さんの間には歌の集いでお友達ができているのですね。 代表の挨拶。 第1部…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

45年前に

年末の大掃除をしている。いつもながら昔の懐かしいものが出現して掃除がストップしてしまう。 今日出てきたのは亡き妻が教えていたピアノの生徒の文集。当時は私も一緒にレッスンをしたこともあるので名前と幼い顔が一致するし、いまだに手紙のやりとりがあったり、親御さんとの連絡があったりする人もいる。ピアノを習っての感想文をいくつか紹介して…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

第7回「みんな集合!音楽で一日楽しく遊ぼう!」

朝霞市のNPO法人メイあさかセンター主催のイヴェントが15日に開かれました。センターの療育音楽のグループとこれに協力する音楽家たちが集まって行うコンサートです。 私は今年は合奏、歌など5曲のアレンジをして、ピアノ伴奏と指揮をしました。 メイあさかセンターのグルーブの発表です。 マリンバ・ファミリーの3人の演奏 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

あさか歌の集い 声みがき講座

12月の歌の集いは牧野俊浩さんをお招きして「声みがき」の講座です。ちょっぴり寒い日でしたが、100名の人で会場は一杯。 みんな熱心に聞いて歌います。 牧野さんは私の遠い親戚に当たる人ですが、早稲田グリークラブ、二期会合唱団、ロイヤルナイツなどで活躍した方です。 歌った曲は「上を向いて歩こう」「あざみの歌」「ないしょばなし」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山古志の人たちと南相馬被災者の交流会に参加

新潟県長岡市山古志地区の皆さんが南相馬市鹿島区小池長沼応急仮設住宅の皆さんと交流をしました。 山古志の闘牛(牛の角付き)の収入や野菜や工芸品などの売り上げを資金にして新潟コシヒカリを1.5kgずつ300袋を用意して配りました。9年前に起こった中越地震以来支援を受けたことへのお礼として3年前から始めたそうです。 そ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リトル・スターズのトーン・チャイム発表

3日文化の日は和光市新倉高齢者福祉センターのお祭り「歩楽里祭」です。 平均年齢75才の「リトル・スターズ」の演奏です。 はじめは「キラキラ星」。7人でセブンスターというギャグはうけませんでした。 踊っているのではありません。カードについている色で和音を演奏して、お客様に「もみじ」を歌っていただきました。 最後…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

歌の会 in Kawaji

ふるさと川治温泉での「かおたいまきしんの歌の会」を日光市社会福祉協議会の主催で開きました。 まだまだ紅葉には早いですが、小さい秋はあちこちに。 集まったのはお年寄り、家族など約40名と協議会の関係者。 その中には私の昔の担任の先生、同級生、姉の恩師の奥様も来ていました。 歌った曲は 「もみじ」、「里の秋」などの童謡/唱…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

山古志「こごもふるさと会」震災9年祈念イベント 2

トップの写真は会場の郷見庵の眼下の土砂に埋もれた家です。あえてこれを残すことによって震災の記憶を忘れまいと誓った小篭の皆さんの象徴です。 コンサートが始まろうという時に、若いカップルが紹介されました。これから入籍の手続きをしに役場へ行く二人に長老からすてきな花束が贈られました。 「おめでとう!」みんなの祝福に照れるご主人。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

歌の風景 あんたがたどこさ

地域活動支援センターの「かおたいまきしんの音楽の時間」でとりあげました。 あんたがたどこさ ひごさ ひごどこさ くまもとさ くまもとどこさ せんばさ せんばやまには たぬきがおってさ  それをりょうしが てっぽうでうってさ にてさ やいてさ くってさ それをこのはで ちょいとかくせ これを手遊びにしてリズムの練習  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

歌の会@京都 2

智積院の庭 打ち合わせ中のまどさんとかおたいまきしん。手前のマシーンはハモンドジュニアといって中に「マツムシ」「スズムシ」「コオロギ」「クツワムシ」などの虫が入っています。キーを叩くといろいろな虫が鳴きます。持ち主はねぼけうさぎさんで、彼女は一年中秋の夜長を楽しんでいるそうです。時には猫の声も・・・。 イエローカ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

第46回 あさか歌の集い

9月になっても猛暑が続いている中、朝霞市中央公民館の3階ホールには続々と110人もの人がつめかけました。 第一部みんなで歌おう「赤とんぼ」ほか フルートのオブリガートをつけて 第二部 まどさんの独唱 「Stand Alone」 もっと歌い隊 の合唱「三つの不思議な仕事」から指揮はかおたいまきしん ピアノ独奏 「水…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

夏の旅日記 4 南会津の民宿

川治温泉から会津へ向かう野岩(やがん)鉄道は昭和30年代の末に完成した路線です。工期はは30年間にもおよびトンネルと橋が続く困難な工事でした。 江戸時代から会津と日光は政治経済の面で強くつながっていたので、この計画は住民たちの悲願だったのです。 「会津高原尾瀬口」駅 首都圏と尾瀬がずっと近くなりました。 ここから檜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more