テーマ:鉄道

千葉のローカル線に乗って 3

養老駅前の蕎麦屋に入って「おばちゃん、山菜そば一つ!」、「山菜はあるだが、そばがうりきれてなぁ。}、そりゃないぜ、おばちゃん これでガマン。トホホのホ 上総中野でいすみ鉄道に乗り換えます。乗り換えは踏み切りを越えるだけ、所要時間20秒。無人駅です。 こっちの車両は派手な色合いでムーミンのキャラク…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

千葉のローカル線に乗りに 2

下り電車も来ましたね。でも、やってきたのはまた途中の「養老渓谷」ゆき。 まあ、急ぐわけじゃないし。 養老渓谷駅には足湯があります。フリー切符を持っていれば利用できます。ここで温まってから渓谷まで下りててゆきます。 途中こんな景色が。がけの間から漏れている水がツララを作っています。 さらに下りていくと赤い橋に出ます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉のローカル線に乗りに 1

日曜日ローカル線に乗りに出かけました。 東京駅から特急に乗って内房線の五井駅に下車、乗り継ぎに50分あるので駅構内を探索に行くと、跨線橋にお店が出ています。お弁当、魚の煮つけなど。 電車はもうホームに止まっていて中では読書や編み物をしている女性、一番前の席にはおじいちゃんと孫がカメラを持って。 そこへ弁当を広げ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

標高1500mのSLに乗って ②

2周めに入るところで脱線事故が発生!!でも時速10キロですからもちろん乗客は無事。乗客が機関士と会話しています。 傍に新幹線も止まっていたり・・・。 二階の素敵なテラスでお食事もできます。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

標高1500mのSLに乗って

栃木県の高原山系中岳の麓にSLや新幹線が走る線路がある。 駅は高原の南斜面に作られたかわいいログハウス。 駅のベンチに座って景色を眺めながら列車の到着を待ちます。 小鳥たちの声が旅の疲れを癒します。 珍しいお花が咲いています。 あ、もうトンボが来てますね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院日記 ⑦ 鉄道クイズ

鉄道好きの孫 たい とのメール交換は鉄道クイズ。 しつもん 1  このれっしゃのなまえはなんといいますか? しつもん 2 このれっしゃのうんてんくかんは、どこからどこまでですか? しつもん 3  このれっしゃのしゅうてんのえきは、なにけんにありますか? さて皆さん、いかがでしょうか? ところが たい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東武交通博物館へ

連休の2日目は長男がお江戸日本橋亭というところで宮沢賢治の童話を朗読した。孫の「たい」もおとなしく聞いていたので、ご褒美に浅草から4駅めの東向島に最近完成した「東武交通博物館に連れて行った。 このジオラマは私の故郷の鶏頂山をモデルにして作ってある 合計3箇所のジオラマがあるが運転希望者が長蛇の列。 小学生の頃から通…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

中国長春瀋陽訪問記 ⑩

旅程3日めは瀋陽へ列車の旅です。自分達の乗った北京行き特急列車と同型の列車。 大きな荷物も棚の上に。降りるときはわずか3分停車。大丈夫? 車窓の眺めは高原の風景、畑とポプラや白樺の並木が延々と。 二時間半後瀋陽北駅へ。こんな機関車も。鉄道マニアにはこたえられない楽しみ。  向いのホームは夏休みを楽…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

孫に牽かれてテッパクへ

孫と一緒に最近新しくできたさいたま市の鉄道博物館に行きました。 大宮からこのかわいらしいニューシャトルでひと駅 鉄道博物館駅です。神田の万世橋から移ってきました。 ヒストリーエリアにはこれまでの主な機関車や客車がズラリ。 「弁慶号」 思わず「鉄道唱歌」を口ずさみます。 「ジオラマ」  大き…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

秩父の龍勢祭 思わぬ事故が・・ 

寄居駅で東武東上線から秩父鉄道に乗り換えます。今日は鉄道の日とかでSLが走っていました。C58型です。 お弁当も特製で SLをかたどった海苔がのっています。 ゆっくりゆっくり走って皆野で下車バスで会場に着くと。吉田町とタイの友好都市の記念パレードが通ります。 龍勢祭午後の部が始まります。龍勢というのは長さ30…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬期歩道 ほか

宇奈月温泉に一泊して翌朝、峡谷の上流に向かって散歩しました。 駅前からすぐのところ、やまびこ展望台からの眺め。新山彦橋の赤い色が渓谷に浮かび上がります。 橋を渡りトンネルに入ります。トンネルの窓から見た新山彦橋 トンネルを抜けたところに道路沿いに例の「冬期歩道」がありました。恐る恐る入ってみます。雪にうずもれて鉄道が動…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

黒部峡谷 トロッコ電車の旅

富山県の宇奈月温泉から欅平までトロッコ電車にのります。 列車は13両編成で普通車(オープンカー)のほかに窓つきの特別客車・リラックス客車・屋根がガラスのパノラマ客車(普通車以外は別料金加算)があり、かおたいは重装備してして普通車に。機関車は写真のものが2両で引張ります。 普通車はこんな感じ 駅のそばで買ったおすしをほおばり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鉄道唱歌

シリーズ途中ですが。 「歌の集い」の曲目「鉄道唱歌」に伴奏が見つからない、どうしょうか?というので作ってみました。4番(川崎)ぐらいまでしかいけませんが、歌ってみてください。 1.  汽笛一声新橋を  はや我が汽車は離れたり  愛宕(あたご)の山に入りのこる  月を旅路の友として 2. 右は高輪(たかなわ)泉…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

玉川電車と世田谷線

東急電鉄の電車とバスの博物館で昔懐かしい玉電の「イモムシ電車」に出会いました。   昔の国電渋谷駅の裏手から二子玉川までの路面電車の新顔として人気をはくした「イモ電」  高校時代に栃木県から世田谷まで作曲のレッスンに通っていた頃の思い出がいっぱいこの中に。  レッスンの帰りに電車賃をなくしてしまい交番に借りに行った…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カナディアン号にのって 

車の運転をしない私は列車が大好きです。カナダのトロントからエドモントンまで乗ったヴァンクーヴァー行きカナディアン号を紹介します。まず機関車から、途中の停車駅で撮影。 客車のところどころにある2階建ての展望車。 展望車から前方を見ると、ジーゼルですから屋根もすっきり。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウィニペグの鉄道博物館

ウィニペグ駅の近くにカナダの鉄道敷設時代からの資料を飾った博物館がありました。開拓時代の精神そのままに力強さを感じました。 長距離列車の車内ストーブのほかにキッチンもついています。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more