これはウンメ~! 美味しいものとの運命の出会い

池袋の「宮城プラザ」に行きました。店内のほとんどはいつもと同じ宮城の物産ですが、入り口のコーナーは週替わりぐらいで旬の食品が並びます。見本をつまみ食いしながらその店の人と会話を楽しみます。

今日は気仙沼の森博食品の社長さんが自社製の魚の加工品を売っていました。鯖とさんまの紫蘇の葉じめが主でした。買ってきたのは「しそ巻きトロさんま」と「紫蘇たっぷりさんまのすり身玉」2個で1100円におまけ。これらに使っている紫蘇はご自分で栽培されたサイズの大きなものです。
画像


早速「トロさんま」を朝ごはんにいただきました。さっぱりした味でご飯が進みました。

ところでこの社長さん 斎藤博さんのお話では彼の工場は津波を免れたのだが20センチほどの地盤沈下のために雨季に入ると洪水やがけ崩れの危険がある。津波のことだけに気をとられていると他の部分で思わぬ被害にある可能性があるが、そのことはあまり云われていない、とのことでした。

また、私が昨年夏に気仙沼のホームで歌の会をしたことを話すと、ご自分のご近所のデイサービスなどに聞いてみて紹介してくださるとのことでした。話してみるものですね。

斎藤さんの会社は

森博食品株式会社
 TEL 0226-23-1811 メール morihiro@k-macs.ne.jp/



この記事へのコメント