歌の風景 「なかよしこみち」

なかよしこみちはどこの道(著作権の関係で歌詞、曲とも載せられません)

老人デイサービスの部屋でこの歌を替え歌にして歌ったそうです。そのときに職員さんが苦心して作ったランドセルと帽子をお借りしてつけてみました。後ろのカバーには「ハートピア小学校」の校章が書かれていて横にはお守りの鈴までついている高級品です。

最近話題になっているランドセルですが、私も孫の たい の入学祝にランドセルを長崎のおじいちゃん達と一緒に買ってあげることになり、そのうち選びに行くのですが、この写真を見せたら「こんなのじゃいや!」と言われるかな?
画像


ほんと、孫たちには見られたくない格好ですなぁ。
画像


でもデイサービスの職員さんの努力には泣かされますね。

この記事へのコメント

2011年01月24日 06:48
ランドセルしょって元気が良いですね~。
けっこう新しい曲なんですね。
チベットの山岳民族カオタイ族の村長さん、ご苦労さんです。
2011年01月24日 13:40
ギター様
著作権って死後50年まであるのでけっこう長いですよね。私にはあまり縁がない、というか面倒なものですが。
もうそろそろ山に戻りたいがのゥ。旅費もなくてのゥ。
チップ
2011年01月24日 19:15
そこの職員さんは凄いですねえ
確かに泣けますねえ
2011年01月24日 19:27
チップさん、お久しぶりです。
職員さんたちのご苦労には本当に頭が下がります。いろいろとご苦労があってもいやな顔ひとつしないでむしろ楽しんでいる様子。天使のような人ばかりです。
チップ
2011年01月25日 20:28
高尚な使命感が天使を作るのでしょうねぇ
確かに頭が下がります
かおたいまきしん
2011年01月26日 08:29
チップ様
必要なのは、してあげる、のではなく させていただく、の態度なのだそうです。(日野原重明先生による)